【進撃の巨人】Season3 第48話「傍観者」感想※ネタバレ注意!

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

【放送情報】

NHK総合:毎週日曜24時35分より放送中

【配信情報】

 

・GYAO!・ひかりTV・dTV・dアニメストア・auビデオパス・NetFlix・U-NEXT

【進撃の巨人】Season3 第48話「傍観者」ストーリー

ヒストリアの戴冠から2か月。牧場で孤児たちの面倒を見るヒストリアは、人々から親しみを込めて「牛飼いの女神様」と呼ばれていた。調査兵団ではエレンが得た硬質化の能力に関する実験が行われ、対巨人兵器の開発に成功する。度重なる実験は体に大きな負担を強いるものだったが、エレンは、巨人を一掃できるなら自分の身が削られることなどいとわない覚悟を見せる。そして、ある人物のことを思い出すのだった。

 

脚本:小林靖子 絵コンテ:原博 演出:浅見松雄、安藤健、内田信吾作画監督:宮崎里美、大杉尚広、千葉崇明、富田恵美、山本祐子、みうらたけひろ、手島舞、田中正晃、工藤大誠、世良祐子、胡拓磨

【進撃の巨人】Season3 第48話「傍観者」感想

~レイス家から、「始祖の巨人」の能力を奪ったグリシャ。

キース教官の話から、グリシャは壁の外から来た人間であることが判明した。~

今まで、エレンの父のことはまったくの謎だったけど、ここで少し分かったよね。私なんて死んだかどうかも分かってなかったからさ。ずっと。どこかに身を隠してるものだとばかり思ってた。

でもこの話で、エレンに巨人の注射を打って、その後自分を食わせたんだって気がついたよ(笑)

進撃の巨人は結構難しい表現や描写が多いから、頭の悪い自分だと理解するまでに時間がかかったりする(;´Д`)

これって私だけ?みんなもそうなのかな?

何回も読み直してやっと。「あ~~~~~あの時のことはこれが理由だったのか!」ってなる(笑)

次回もまた楽しみ♪

そういえば、当初のOP曲がみんなの想像と違って「これじゃない感」って言われてたっけ。

私も一番初めに聞いたときはなにこれ?EDか?

なんて思ってたけど、最近では慣れてきたのかこの曲もアリだなって思うようになりました。

元々曲自体は素晴らしいからね(´∀`)

作詞作曲のyoshikiさんってシーズン1とかの曲は知っていたのかな?

でも、同じような曲にすれば、パクリだのyoshikiっぽくないだの騒ぐ連中がきっといるんだろうね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA